« SA9Jr Platinumに挑戦。。。。。しました 笑 | トップページ | Counterpoint SA-2 »

2006年10月24日 (火)

Rapture Card そろそろの ようです。。

バックオーダーだった VishayのNakedが入ったらしいです。
これから基盤に実装してテストしてから出荷ということなので 後2-3週間というところでしょうか?
出荷時には皆さんにご連絡しますので。。。。今しばらくお待ちください。

|

« SA9Jr Platinumに挑戦。。。。。しました 笑 | トップページ | Counterpoint SA-2 »

コメント

おおっ!いよいよ待ち人来るですねー。
ところで、相方とすべきDA-11.5ですがこれもA-730のメカの流れをくむPHILIPSメカでしたっけ。となるとクロックの1ppm化が出来ますかねー・・・。

投稿: だまてら | 2006年10月28日 (土) 07時54分

だまてらさん、いよいよなんですが。。。。。コッカらが長いですねー..いつものとおり。 しかしもうすぐでしょう。。笑
DA11.5のCDM-12は1ppm簡単につけられますよー。。。。笑 スイングアームに比べるとちょっとややこしいところもあるんですが、DACがないトランスポートですから簡単だと思います。。。。。詳しくはメールください。

投稿: vin | 2006年10月28日 (土) 12時40分

Vinさん、ではお言葉に甘えて後ほどメールさせて頂きます。
近況として、本日Dオーディオ主催の「マラソン試聴会」なるものに久々に行ってきました。当初は昼食後ほんの「ジョギング」試聴のつもりが、どっぷりカンバン迄「マラソン」してしまいました!どんな大音量&長時間でもさして疲れないのは、生音で鍛えたお陰?でしょうか。一方、会場と臨時的セッティングのせいか、アヴァロン、ソナス、ジャーマン等の超高級SPを聴いても、さして感心せずじまい。但し、JBL最新のエヴェレストDD66000には流石に割目しました。
あと、小会場ですが、シャープの1bitデジタルアンプは180万のと25万のがあり、どちらにも思わず聴き入ってしまいました。CDが良く鳴る以上に、ロクサン(ラディウス)+ライラ(カートリッジ&フォノイコ)からのアナログの音が下手な超高級機が裸足で逃げ出す程、音に芯が通った感じで「デジタルアンプなのにアナログの音が良いのは何でだろー?」でした。

投稿: だまてら | 2006年10月28日 (土) 22時32分

だまてらさん、実は私も一応会員(一度も買ったことないけど一度CDサクサク君(CDのエッジを削る例の機械の)レポートだけ書かせていただいたことがあり 会員にしていただけたようです)なので 笑 案内いただいていたので行きたかったんですが。。。。。。残念!
もっとも今後もアクセサリー以外は買わないとおもいますけど。^^;  D66000はどんな感じでしたか??
1Bitアンプは前から注目しているんですけど。。。。。
某所では熱帯低気圧並に集中高評価みたいですしね。。。。。
でも シャープ だもんナー と思ってしまう私はまだまだなのかも。。。。。。笑 それとデザインが。。。。。(私の好みとは180度違うだけなんですけど)でも自分でも使ってみて試しては見たいですねー。。。。 25万円のほうの中古でも 安く出ないかな? 笑
 

投稿: vin | 2006年10月29日 (日) 04時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Rapture Card そろそろの ようです。。:

« SA9Jr Platinumに挑戦。。。。。しました 笑 | トップページ | Counterpoint SA-2 »