« Happy New Year | トップページ | パワーアンプ修理をお待ちの皆様へ »

2009年1月22日 (木)

Counterpointの アンプの修理、アップグレードについて

Counterpointの アンプの修理、アップグレードについてお問い合わせを頂く事が多いので 修理をさせて頂いた場合どのくらいの費用がかかるか大まかに
書かせて頂きました。

以下は国内で私が行わせて頂く場合です。

SA3.1, SA5.1, SA7.1など 使えるように修理する作業そのものは概ね一律1万円くらいです。
D/AコンバーターのDA10も修理可能です、ただしDAC
基盤そのものが故障の場合は修理出来ない場合が有ります,特にUltra Analog DAC基盤はモジュールになっており樹脂でモールドされているので修理不可能です。知り合いにAD,UAとも基盤を持っている人がいますので数台は何とか なるかもしれませんが,在庫がなくなり次第修理も不可能となります。DAC基盤以外の箇所は修理可能です。これも修理は基本的に1万円くらいです。

SA3000, SA5000は構造がやや複雑であるためまた、作業のための分解と組み立てに時間がかかるので2万円くらいです。
基本的に最低限正常に使えるようにするまでとご理解ください。
実際のところ工数は結構かかりますが最初の修理は趣味価格というところです。安いですから納期などはお約束出来ません。趣味ですから納期は私の都合で伸び たりもします。笑 その分お安く協力させていただいているつもりです。部品交換が必要な場合、まずは拙宅に有る中古の在庫を使います。かかっても 1000ー2000円位でほとんどの場合はすむと思います。新品やアップグレードで使う部品をご希望の場合は別途 実費が発生し、交換箇所や、交換部品の 数などにより費用が別途発生します。それでも修理のみでしたら
どんなにかかっても概ね3万円(SA3000, SA5000は4万円以下程度)を超える事は無いでしょう。ただしトランスや真空管はこれらには含まれません。トランス交換の場合はPlitronしか選択肢が無いので4−5万円かかってしまいます。
真空管は拙宅在庫のものでしたらSOVTEK, ELECTRO HARMONICS, RCAその他 テスト済の中古品を一本1000−3000円くらいの中から選択いただけます。Vintageのいわゆる高級球は個人的に集めてはおります が おわけする事は基本的に行っていません,ご要望により余っている球が有れば相場よりお安く提供させて頂く事も可能です。アップグレードは オーバー ホールもかねており基本的にほとんどの部品を総入れ替えしますので費用はそれなりにかかります。性能も向上すると思います。ご予算に応じて部品のグレード は選択可です。またご希望の部品を搭載、もしくは部品を支給いただいて取り付けも可能です。

SA12, SA100, SA20, SA220などの
パワーアンプは重く場所を取るため、あまりやりたくないんですが^^;
基本的に故障を検査するばあい不良箇所特定まで5000円です.
そのまま簡単な部品交換で直る場合はプラス1万円と部品代(かかっても5000円以内でしょう)
出来るだけコストを抑えたい場合は拙宅に有る中古部品を使います。費用は若干下がります。
電源コンデンサーやトランスは新品を使います。コンデンサーは1個2000−3000円くらいからトランスはPlitronしか選択しがないので5万円くらいからその限りでは有りません。
MOS FETのアウトプットステージが飛んでいる場合は修理キット(中古の選別品)もしくは拙宅在庫の中古MOS FET のセットを使いますが、数に限りが有り在庫がなくなった時点で終了です。
トランスやコンデンサー交換が不要ならドンアにかかっても5万円くらいまでで直す事は可能です。使えるが劣化している部品交換まで行うのでしたら音質と信 頼性向上のためにもNP100, NP220のキットをお勧めします。いずれにしましてもわかりにくいと思いますので詳細はお問い合わせください。

尚,現在はプリアンプの修理のみ受け付けています。パワーアンプも修理の相談は可能ですが
余暇を利用して趣味で協力させて頂いており、とくに重量物で,場所を取るため、作業場の確保がままなりません。ということで 現在のところ私がお受けする ことができません。。。。。修理をお待ち頂いている方がまだ数名おられますので,それらが完了したら可能になるかもしれませんが。。。
尚,NP100, NP220へのアップグレードは受け付けております。これは修理ではなく完成した検査済の基盤に入れ替えるだけですから作業も楽で,時間もそれほどかかりませんので。

|

« Happy New Year | トップページ | パワーアンプ修理をお待ちの皆様へ »

コメント

本当にご苦労様です、孤児カウンターポイントの慈父ですね。
そろそろ私のSA3000もマイクに送って修理してもらわなければ・・・と思いつつ改造してもらったSA3が比肩するパフォーマンスなのでほったらかしになってます。

投稿: だーだ | 2009年1月22日 (木) 18時44分

いえいえ,メーカーでもないですし 一個人が趣味でやっていますから高いお金は頂けないですよ。できれば慈青年と言って頂けると尚 Happy.笑
おかげで Counterpointの ほとんどのアンプはいろいろ勉強させて頂く事もでき、知識になりました。。。 笑 
SA3000の修理は はまだだったんですか?笑 是非お早めに修理してやって下さい. SA3000は良いアンプだと思います,最近聴くたびにに見直す事が多いです。

SA3は 改造の効果というより 部品が新しくなって、もともと持っているポテンシャルを発揮しているだけだと思います。。なかなか侮れない良いアンプだと思いますね。。。。笑 余裕が有れば私も一台持ってたいくらいです。^^

投稿: vin | 2009年1月23日 (金) 01時22分

sa-12の修理のご相談をさせて下さい。右チャンネルのスピーカーケーブルをショートさせてしまい、いやな匂いと共に小さなガリ交じりの音になってしまいました。蓋を開けて眺めていたらN-タイプ側のFETについている抵抗が煙を出しました(上下段共)。ほぼ同じ値の抵抗に交換したのですが、やはり右チャンネルはガリ交じりの音しか出ないため検索をしていたところSA-20のショートの記事を拝見いたしました。やはりMOS-FETを壊してしまったのでしょうか。現状ですが焼けた抵抗と少し被覆が狐色になったコンデンサーも合わせて交換し、電源をいれたまま1時間ほど様子を見ております。左チャンネルはN型、P型共に熱を帯びていますが、右チャンネルは冷たいままです。こんな状況なのですが、修理して頂けるとしたら幾らぐらいかかりますでしょうか。

投稿: moriyama | 2009年3月24日 (火) 18時54分

遅くなってすみません。
Zenner Diode も道ずれですか?
おそらくPower MOS FETが逝ってしまった可能性大です。
冷たいのはバイアスがかかってないのと、その素子自体が働いていないということですから多分逝っていると思います。私は他のMOS FETなどを流用して修理する方法はやっていませんのでオリジナルPower MOS FET の中古選別品を使って修理のみです。SA12は4個なので比較的安いかもしれないです。私が行わせて頂く場合はどんなにかかっても部品代と作業で4−5万円以内じゃないでしょうか?それ以下の可能性は十分ありますが。現状は何とも。部品は1−2万円くらいだろうと思います。ただ向う半年以降まで予約で埋まっており(趣味でやっているため一ヶ月に一件出来るかどうかと言うペースですから)まことにすみませんが 私は手が付けられないので、元輸入代理店のノアに部品支給で修理出来るかどうか?聴いてみてはいかがでしょうか? 部品は拙宅にも少量ありますし知り合いもいくつか持っているので、当方で出来るだけ安い方法にてなんとか出来るかもしれません。最悪Mike Elliottから購入することになりますが。。
よろしくお願い致します。

投稿: vin | 2009年3月26日 (木) 00時22分

こんにちは。
別のブログの方でコメントさせていただいたひぃ〜と申します。
縁あってSA-1000を入手しました。現状問題無いのですが、メンテと回路の勉強の為、回路図(のコピーorPDF等)を譲って頂きたいのですが可能でしょうか?
もちろん有償でお願い致します。

投稿: ひぃ〜 | 2009年3月26日 (木) 14時26分

こんにちは、回路図だけと言うのはないんですがSA1000のサービスマニュアルをMike Elliottから購入して頂く事になります。私には情報の所有権がなく有償、無償にかかわらず私が複製を配布する事はできませんので、
マニュアルは75㌦で日本への送料が26ドルで合計101ドルです、ご自分でALTA VISTA AUDIO に直接オーダーいただきましてもかまいません。私が仲介する場合は送金手数料実費 約4㌦と手数料1000円を別途頂きますが。詳細は本ページ左上のメール送信から直接問い合わせ下さい。

投稿: vin | 2009年3月26日 (木) 17時43分

お答え頂きありがとう御座います。
マニュアルの様なモノが同梱されていたはずなのですが、現在見あたらないので確認します。
ではまた。

投稿: ひぃ〜 | 2009年3月27日 (金) 10時00分

こんにちは。随分以前にDA10のアップグレードのことでお世話になりました名古屋の三輪隆裕です。
今回は、SA5000のトラブルです。Line input selecter と Buffered outputs level のつまみが、強い力で回しすぎた為に、くるくる回る状態になっています。交換することのできる部品をお持ちでしたら分けて頂きたいのです。そちらで交換して頂ければなお嬉しいです。もちろんお礼はさせて頂きます。なお、このSA5000はオリジナルのままです。

投稿: 三輪隆裕 | 2009年7月 8日 (水) 13時41分

三輪様、ご無沙汰しています。多分ロックネジが緩んでいるだけで締めれば治ると推察しますが。Buffered は基板直付けのロータリーセレクターで ライン
セレクターは長いシャフトを経由してセレクターに行っており本体内部のセレクターの根元のシャフトの連結部分が緩む事が一番良く有りますが,それは確認されましたか?まずはつまみや連結用カップリングについているシャフトを固定している2個の小さい固定ネジ 6角レンチで締めるタイプがしっかりしまっているかどうか確認して頂けないでしょうか?インチネジでサイズは1/16です。。ほぼ同じ巾の細いマイナスドライバーを突っ込んでこじるように回しても多少は締まりますので、緩んでいるかどうかは分かると思います。もしネジがしっかり締まっているか あるいは,つまみを外してから手でシャフトを回してもくるくる回る場合はスイッチが故障かもしれません。しかしスイッチは相当丈夫ですので、つまみのゆるみを疑った方がいいと思います。先ずは、そこを確認してみてからお返事を頂けましたらもうすこし詳しく判断出来ると思います。づ一致そのものが壊れている場合は交換するシカ有りませんが大替え品は持っていませんので適当な大替え品を取り付けなくてはならないと思います。この部品はMikeも持ってないと思います。

投稿: vin | 2009年7月 8日 (水) 14時08分

初めてお問い合わせします。
日本で購入したDA10にRaptureボードを取り付けて使用していました。本日電源ケーブルの抜き差しをしたことろ、アナログ出力から信号がでなくなりました。現象を書きます。全面の各ランプは点灯する。デジタル入力端子のうち、CD,DAB,LDおよびTapeについてケーブルの差し替えを行ったがアナログ出力せず。念のために、デジタル出力機器も2台試してみした。またDA10のアナログ出力も2台試してみました。どちらもダメでした。この障害とは別にかなり前から、右アナログチャネルのボリュームを上げると(プリアンプ)、サーというノイズが出ていましたが、大音量で聴くことは多くないのでそのままにしていました。vin様のことろで修理いただくことは可能でしょうか。どうぞよろしくお願いします。

投稿: Masa | 2010年4月18日 (日) 22時25分

Masaさん,はじめまして、修理は可能です。お送り頂ければ見てみますので詳細は左上のメール送信からお問い合わせ下さい。よろしくおねがいいたします。

投稿: vin | 2010年4月19日 (月) 13時13分

こんにちは、あつかましいご相談で申し訳ありませんがSA-100に使われているFETはSA-20FETに使用できますか? データーが無く耐圧が判らないものですから、、よろしくお願いいたします。

投稿: haruellen | 2011年10月14日 (金) 22時44分

初めまして.全く同じMOS FET です。
よろしくお願い致します。

投稿: vin | 2011年10月15日 (土) 07時13分

カウンターポイントのSA20を修理していただきたいのですが、症状は少しの雨に濡れてFETがこわれてしまってます。修理可能かどうか、在庫の状況はいかがでしょうか。またNP220へのアップグレードは受け付けていただけるのでしょうか。費用はどのくらいかかるでしょうか。おしえてください。

投稿: debudebuyamato | 2011年12月22日 (木) 11時22分

お問い合わせありがとう御座います.現在タイの水害関係のリカバリーのため タイにおりまして、年末まで帰国出来ず(年末に帰国できるかも怪しいのですが)またかなり切迫した状況のため、詳細は左上のメール送信からお問い合わせ下さい。
今後も、しばらく忙しいためMOSFETの修理はお受け出来ないと思います。MOS FETはMikeが在庫を持っているので部品供給のみでしたら可能です。NP220へのアップグレードは修理ではないので可能です。
費用はベーシックの場合 送料や,送金時手数料,輸入税金などふくめインストールまで全てですと235000円程度です。その他のバージョンは別途詳細はメールでお問い合わせください。
ただし、上記の事情から速くても着手出来るのは来年3月以降になると存じます。
よろしくお願い致します。

投稿: | 2011年12月22日 (木) 21時59分

SA-5000のBチャンネルから音がわずかに出る程度となっており、なんとか修理しようと思っています。原因不明のままです。状態は、①電源スイッチを入れstandbyからinitiaizingの点滅と同時にプッ、プッ、プッとノイズ発生点滅ランプがブルーに変わる時ブーと言うノイズが1秒位そしてプルーランプ点灯しノイズが消える。②すべてB側の出力端子はわずかな音しか出ていません。中を開くとLED209とLED501のランプが消えています。③A側の出力端子からはきちんと音は出ています。何かアドバイス頂けたら幸いです。宜しくお願いいたします。

投稿: saito | 2012年4月15日 (日) 23時41分

現在海外におりまして おそくなってすみません。
とりあえず ラインステージの左右の真空管を入れ替えてみて頂き,それでもならないようなら本体内部の電源部の6DJ82本手前からみて一本目と2本目を入れ替えて症状が左右入れ替わるかどうか確認してみてください。3本目は見た目は同じ用に見えますが違う真空管ですので入れ替えないようにしてください。(間違って入れ替えると壊れますので)これで症状がいれかわれば該当真空管を交換すれば直ると思います。わからなければ本ページ左上のメール送信から直接ご質問ください。

投稿: vin | 2012年4月20日 (金) 00時53分

カウンターポイントのパワーアンプSA-20を中古で入手しようと考えておりますが、気になるのはこのメーカーのアンプは壊れやすいという評価をよく聞きますが、ある程度脆弱性を覚悟しなければならない製品なのでしょうか?身近にこのメーカーのアンプを使っている知り合いがおらずもしご解答願えれば幸いです。

投稿: 佐藤冬樹 | 2012年10月11日 (木) 12時26分

はじめまして。
「COUNTERPOINT」でネット検索していたところ、
貴HPに辿り着いた次第です。

実は「COUNTERPOINT Solid-M8」の中古を譲り受けたのですが、
パイロットランプが赤のままで、緑に変わらないのです。
通常の動作ではミュートの状態で電源をオンにすれば赤が点灯し、
数分後には、それが緑になって、ミュートスイッチをオペレートに切り替えて音出し。
という流れだと思うのですが、
ミュートの状態で数時間待っても、赤から緑に変わらないのです。
また、この状態で、ミュートからオペレートに切りかえると、
ランプは消えてしまいますが、音は出るのです。

そこで、素人の私の推測になりますが、
緑のランプが切れているだけであれば、
ミュート状態の赤ランプが、数分後には消えてしまうだけあり、
ずっと何時間も赤が点灯したままというのであれば、
音は出ても、球切れ以外に、何らかのトラブルが発生しているのではないかと考えています。

もしよろしければ、
管理人様のお考えをお聞きしたいのと、
おおよその修理費用がわかれば、教えていただきたいと思います。

お忙しいとは存じますが、
ご回答いただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

投稿: M8 | 2012年11月 5日 (月) 15時39分

佐藤冬樹様,遅くなり恐縮です。海外に修理用のキットを作っている人がいますので故障しても対応は出来ますが、どちらかと言えば故障しやすいアンプである事は確かです。壊れない場合はずーっと壊れないのですが、壊れる場合はすぐ壊れるというような。よろしくお願い致します。

投稿: VIN | 2012年11月 5日 (月) 15時51分

M8様,断定は出来ませんが、単にLEDのドライバ−トランジスターの故障か?その回路のコンデンサーの容量抜けか?タイマーICの故障か?そんな所だとお思います。LED回路は信号系統とは全く別系統なので、ミュートを解除すれば音が出でるのでしたら機能的には問題有りません。気にならなければそのままお使いになっても良いと思いますし修理の場合はかかっても1万円以内だと思います。
よろしくお願い致します。

投稿: | 2012年11月 5日 (月) 15時55分

Webで拝見し、すがる思いで書かせていただきます。SA3000E+SA100で主にジャズを楽しんでおりますが、チャンネルBが出なくなりました。MONOでは出るのですが修理お願いできるのでしょうか?急なメールで申し訳ありません。宜しくお願いします。

投稿: Akamatsu | 2013年5月 2日 (木) 11時21分

カウンターポイント SA5000の修理中です。
回路図がありましたら一部コピー戴けないでしょうか
勿論有償を考えています。

投稿: 古賀 一義 | 2013年6月 2日 (日) 17時29分

始めまして。カウンターポイントのSA139stですが、整備は可能でしょうか?音は出ていますが、以前と比べてずいぶん音が痩せてきた気がするのです。。。コンデンサー点検交換ぐらいで大丈夫かもしれません。よろしくお願いいたします。

投稿: TT | 2013年6月13日 (木) 16時36分

Akamatsu 様、遅くなりましてすみません。
修理は可能ですが、まだバックオーダーが10件近くあります。MONOで音が出ているのでしたら簡単に自力解決出来るかもしれませんので左上のメール送信から症状をおおしえください。
古賀様、
回路図は当方に知的財産の所有権が無いため有償、無償に限らずコピーをお渡しすることが出来ません。Mike Elliottが未だに販売だけは行っておりますので必要でしたら仲介は可能です。
サービスマニュアルと鳴りますが、Pdf版でしたら8000円前後です。

TT 様、 ST139ですが、メンテナンスは可能です。詳細は左上のメール送信からお問い合わせください。\

投稿: vin | 2013年6月21日 (金) 00時14分

少し時間ができたとの事、良かったです。
せっかく余裕ができたのに全く恐縮ですが、sa-220のFETが壊れて困ってしまいました。
altavistaのベーシックアップグレードキットを供給してくれる人にコンタクトをとったのですが、、体調不良で対応できないといわれました。
何とか打開策は無いものでしょうか?
すがるような気持ちで、お願いします。

投稿: tintin | 2013年8月13日 (火) 08時38分

こんにちは、遅くなり恐縮です。 NP220ではなく
SA220ですか?知り合いに聞いてみます。

投稿: vin | 2013年9月 1日 (日) 12時58分

tintin様、お問い合わせ件数が多く私も良く覚えていないのですが 以前 NP220ベーシックキットをご自分で手配された方でしょうか?お名前のイニシャルはYI様、ではなおかと思いまして。
もしそうでしたら左上のメール送信からお問い合わせください。何とかなると思います。もし SA220の出力段が故障ということでしたら代換えMOSFET(日立製の新品)は入手可能ですので修理は可能です。当時と同じ物ではないのですが特性そのものは当時の物より向上しています。しかし音質に関してはユーザー様ごとに見解の違いがあるため何とも言えないところです。個人的には良くなっていると思いますが。。取り急ぎこのような状況です。
よろしくお願いいたします。

投稿: Vin | 2013年9月 1日 (日) 16時31分

vin様、SA-5000のボリュームガリ修理依頼をしています、AIです。
ベーシックキットを手配はしていません。
SA-220の片チャンネルのFETが壊れました。
日立のが使えるとなると、両チャンネル変えた方が良いでしょうね?
型番等教えていただけますでしょうか?
そしてそれは単純につなぎ変えれば良いのでしょうか?
もうひとつ、ALTA VISTA 亡き後NP化という道は閉ざされてしまったのでしょうか?とても気になります。

投稿: 石田厚 | 2013年9月 1日 (日) 22時53分

失礼しました。SA5000の件、誠に申し訳ありませんがもう少々お待ちください。
MOSFETの件はメールでご連絡いたします。
方法はオリジナルと同じかそれに近い物の市場在庫がありそれを流用する方法でこれはそのまま付け替えるのみ(もちろん周辺回路の修理も同時に必要です)
もう一つは現行の製品を利用する方法ですがこれはメタルケースTO-3のパッケージのものではなくモールドタイプ(東芝や日立やRenesasなど)になるため少々加工が必要になるでしょう。どちらもそれほど難易度が高い物でもないため、DIYで出来ると思います。知り合いの情報によりますと新しい素子を使うと音質は向上したという話もあるので。。。
NP220は既に事情在庫が無いため中古で出るなどを探すしかないと思います。

投稿: Vin | 2013年9月 2日 (月) 15時50分

前略 貴社益々ご隆盛の段お慶び申し上げます。
扨カウンターポイントプリアンプ SA5.1の件ですが、「ザーというノイズ」と「ハム音」が発生するので「ノア」に修理依頼をいたしましたところ「電源トランス」が不具合のため「電源トランス」の修理が必要だが交換部品がないため修理・点検共に出来ないとの回答がありました
貴社ご多忙中のところ誠に申し訳ありませんが、出来れば貴社にて修理をしていただきたく修理可能か否かのご連絡をしていただけないでしょうか、
何卒 宜しくお願い申し上げます。        敬具

投稿: 石橋 | 2013年10月24日 (木) 14時52分

石橋様、初めまして、修理は可能です。
当方にSa-5.1のトランスの在庫がまだあったと思います。詳細は左上のメール送信からお問い合わせください。よろしくお願いいたします。トランス交換だけでしたらビックリする程費用がかさむことは無いと思います。トランスでない可能性も若干思い当たりますのでよろしければ一度見させていただけましたら幸いです。ハムはトランスか、どこかのコンデンサの容量抜けも考えられますが、サーというノイズは別のところかもしれませんがこれはもし交換するとしても抵抗も合わせて部品代は数千円以内です。よろしくお願いいたします。

投稿: Vin | 2013年10月24日 (木) 15時41分

はじめまして、山谷と申します。SA3000を20年使用しておりましたが、だんだん色んな不具合が生じ、勝手に真空管を交換したりして騙し騙しやってきたら、とうとう・・・発振するようになり、あるショップの方に修理をお願いしたら、経年したパーツは全部交換したものの、「石」が見つからず断念、という結果になりました。現在、phonoが使用不可(ザー、というノイズのみ聞こえます)。 さらに、LINEはスピーカーのユニットが吹っ飛びそうなほどの発振を起こす状態で、もはや怖くてチェックすることもできない状態です。 ただ、あまりに愛着があり、どうしても諦めきれず投稿させていただきました。 幸いにもようやく、新たなプリアンプを購入しましたので、時間的にはかなり余裕があります。一度診断していただけますでしょうか?

投稿: 山谷 | 2013年11月18日 (月) 13時07分

山谷様、取り急ぎ修理は可能ですがバックオーダーの関係で半年待ちくらいになってしまいます。メールを送っておきました。よろしく願い致します。

投稿: Vin | 2013年11月18日 (月) 18時29分

はじめまして星野と申します。SA3000を手に入れ、真空管を交換して使っていたのですが、ザー、というノイズがひどくなってきたのと、セレクターのシャフトの根元が削れてしまい、締め付けが効かず切り替えが出来ない状態です。このアンプの音に魅了されております。
ぜひ一度診断していただけますでしょうか。

投稿: 星野 | 2013年11月26日 (火) 22時56分

星野様、最近ブログを余り見ておらず遅くなりまして誠にすみません。
取り急ぎ左側の上から少し下がったところにありますメール送信クリックしていただけますとメールを送れますのでそちらから からお問い合わせいただけないでしょうか?症状から判断し修理は問題ございません。また故障という訳でもなさそうですのでそれほど費用もかからないと思います。

投稿: vin | 2013年12月18日 (水) 02時43分

カウンターポイントの修理を手がけていますが手間取っています。現在電源部の赤色LEDのか電流表示が点灯しますTRが加熱します。
基盤のパターンが読みにくく回路図があればと思います。
有償でも欲しいのですが可能でしょうか?

投稿: コガ カズヨシ | 2014年11月10日 (月) 20時22分

SA-20を使用してきましたが、出力のFETの破損により故障となりました。 部品が生産終了で入手が出来ません。在庫をお持ちの様であればお譲りいただけますようお願い申し上げます。
 お手数をおかけいたしますが宜しくお願い申し上げます。
メールにて状況のご連絡頂ければ幸いです。

投稿: 富部裕一(トンベヒロカズ) | 2015年3月 6日 (金) 13時40分

はじめまして。角岡かどおかと申します。14年ほど前に中古でSA-4を入手しました。最初はうまく作動していたのですが、電源スイッチを入れててからヒートアップ時間があり、パワーメーターが振れるのですが、使っているうちに2台(モノラル2台)ともパワーオン即ち、電源スイッチは有効だが、パワーオンしない状態です。素人目にはリレーがうまく作動してないような症状です。修理を含め、診断をお願いできますでしょうか。よろしくお願い申し上げます。

投稿: 角岡繁慶 | 2017年4月 4日 (火) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Happy New Year | トップページ | パワーアンプ修理をお待ちの皆様へ »