« SA 220 MOSFET リペアキット | トップページ | 告知 12月中旬までは 全く対応出来なくなる見込みです。 »

2013年9月11日 (水)

SA12, SA100, SA20, SA220の修理について

最近上記、製品故障のお問い合わせが多く カウンターポイントの製品を今後も出来るだけ残して行きたく、来年には修理を出来るようにしたいと考えております。
ほとんどの故障はMOSFETのアウトプットステージが壊れてしまうというものですが
同じ物は市場在庫が希少で入手は絶望的ですので、代替えの MOSFETを使う予定です。候補はいくつかあるのですが皆様ご存知の通り 半導体も真空管と同様に 同じ規格の物でもメーカー他の違いにより音質はかなり異なることが多々ありますため いくつか試して音が良いと感じたものを使おうと考えております。
過去にMC  ヘッドアンプや、プリアンプを試作、あるいは修理する際に いくつかJFETを使ったことがあるのですが 同様の経験をしており修理したら音質が落ちてしまい困ったなーと。。それで、片っ端から同規格のいろいろなメーカーの石を試してなんとか納得いくところまで行ったという経験があり、時間がかかると思いますので、もし、修理をお考えで 修理先をお持ちでない方は売り飛ばす前にご一考いただけましたら幸いです。カウンターポイントのアンプは高いポテンシャルを持っておりなかなか他に無い魅力もあると思いますので。。。。

|

« SA 220 MOSFET リペアキット | トップページ | 告知 12月中旬までは 全く対応出来なくなる見込みです。 »

コメント

まさに福音です。
いよいよcounterpointを諦めるかと考えた時に、これは何物にも変え難いのだと強く思いました。
vinさんの愛情を強く感じますね。

投稿: tintin | 2013年9月11日 (水) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SA 220 MOSFET リペアキット | トップページ | 告知 12月中旬までは 全く対応出来なくなる見込みです。 »