« Jack Eliott aka Mike の 近況 | トップページ | SA12 SA100 の NP100 アップグレードボード 1セット在庫がありました »

2019年1月30日 (水)

Counterpoint DA-10 24bit 192Khz DAC Rapture Card の試作改造について

国内におそらく30枚程度入ってきていると思われます。私がご協力したのは20枚位くらいだったと思いますがもう忘れてしまいました。
DA-10用Rapture DACカードにVishay Z201抵抗を試作として近々投入予定です。Vishay S102のバージョンはリリースされましたが、S102とZ201では音質の点で大きな開きがありこれはプリアンプでも経験しましたので良くなるとゆう確信のようなものはございます。値段も高いですけれども、
最近のデジタル技術の進歩は凄まじく確かに情報量とゆう点では最新のものが良いのでしょう。実際私も最新に近いものは使わせていただき確かに情報量は多いのですがなぜか、未だに一番使うのはDA-10です。おそらくそのスムースさや温度感、リッチネス、躍動感とゆう曖昧なものではありますがそうゆう質感が好きなのでございます。新しいものはくっきりはっきりはするんですが聴き比べると結構お高いものでもエッジにわずかに粗さのようなものを感じてしまい、結局DA-10に戻ってしまうので、それならもう少し改良できないかと考えてまずはこれをやってみようと思っています。賛同してくださった方がおられたので2人ぶんの抵抗を発注しました。一部中途半端な数値のものがありメーカーに特注しているため18箇所のうち4箇所の抵抗の納期が25週間(今からだと今年7月になる)と言われましてそれまでは待てないのでまずはそれ以外のところを先に行ってみるつもりです。
そのほか現状はReceiver ICのCS8414までしか搭載できませんので24bit 96Khzまでですが
24bit 192Khzまで対応できるようにすべくレシーバーICソケットにそのまま刺せるレシーバーICモジュールを作ってみるつもりです。うまくいけばハイレゾのも対応できるでしょう。手作りのものは多分できると踏んでいます。

ちなみにRapture DAC Cardは万が一の時のために保管していたストックが2枚ありましたが一枚はDA-10 本体とともに先日ご購入いただきました。残り一枚ありますのでもしご希望でしたらメール送信よりお問い合わせください。テストで使用していますから全くの新品ではありませんが。 sold

|

« Jack Eliott aka Mike の 近況 | トップページ | SA12 SA100 の NP100 アップグレードボード 1セット在庫がありました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Jack Eliott aka Mike の 近況 | トップページ | SA12 SA100 の NP100 アップグレードボード 1セット在庫がありました »