« SA-1000の改造 ステップ3 | トップページ | Wooden Cabinet for counterpoint Products »

2006年11月 7日 (火)

SA3000ULTRA をちょこっと。。。。

DIYじゃないですけど。。。。
最近ここはご無沙汰なので。。。
3000ultra_1 SA3000のULTRA Upgradeをちょこっと。。。。
かなーり改造されています。見えないところもかなりいろいろ手が加えられ、
ダイレクトイン、ダイレクトアウトなど半導体回路は全てパスされ、ダイレクトアウトにいたっては半導体回路そのものが取り外されています。シャシーやボードのダンピングも随所に施され、バランスバイパス、RCAソケットをALL ティファニーに VolumeはTKDです。
電源レギュレーターのTRをZETEKなどに交換すればもっと速くなると思いますが。。。。。
そのくらいしか思いつきません。内部配線はALL Silver(私は普通の銅線でいいと思うんですが 笑) 

SA3000ではこれ以上はもういじれないところまでやっていますねー 例のCap以外は 笑
トランスはトロイダルです。。。。。ということで これを買ったことはMikeにも言いましたが。(Mikeの友人から買ったので)…今後何かできる事が無いか?そのうち聞いて見たいと思います。。。。できるのは抵抗くらいでしょうかね。。。。
随所にContinental Capが7個使われていますが これを例のCapに交換するとさらに鮮度が上がると思われ。。(Continentalの非常に良いので ほんのわずかだ と思いますが)。。やってみたい気もするんですが。というか既に4個発注してますけど。。笑。。SA5000のPhonoとPhonoに行くレギュレータ で試して見るつもりです。

このSA3000のPhonoは未改造。。。。今後 もしかすると少し自分でやるかもしれませんがやってもRIAAの部品交換とカップリングCap それとレギュレーターCapを例のもの のみにとどめようかと(といっても もう入る場所が無いですけどね 笑)
個人的には SA9Jrがあるので他のPhonoは もう要らないですけどね。笑 今のところは。。。。

このSA3000Ultra 音は非常に速いという印象です。改造内容は自分なりに検証できたので 基本的には これ以上は 手をつけず NP100とペ アでサブシステムで使う予定です。音のクオリティーは若干の傾向の違いはあるものの 現時点では SA5000 Premium Upgrade をわず かに上回るといったところで かなり水準は高いと思います。。。。。。
SA5000,SA3000ともレギュレーターに 一部半導体(SA3000は半導体のみ)を用いているためか SA5のような開放感が出ません。。。。。この辺がトランジスターのカラーレーションなのかもしれません。
特にSA5000はほとんどチューブレギュレーションですから部分的に半導体を使うのは惜しい気もしないでもないですが。。。。。それをTubeに交換す るというのは現実的には不可能という気もするので。。。。。そこだけもう少し速いTRに交換してみることは検討中です。。。。。よほどよければ SA3000やSA3にも使えるので 多少は実になるんですが。。。。。

|

« SA-1000の改造 ステップ3 | トップページ | Wooden Cabinet for counterpoint Products »

コメント

凄いですね、ここまでいじると確かにいじりどころが限定されそうですね^^;
あと・・・例のCapは入りそうに無いですね(笑)

投稿: Nary | 2006年11月 7日 (火) 18時37分

改造もそうですが、音もなかなかのものだと思いました。
自分でSA5のアップグレードをやった後でもあり。。。。。
これをみてMikeのアップグレードの思想のような物がほぼ確認できた感じです。。。。。でもSA3桁シリーズは基盤はずすのが面倒なのでやりたくは無いですねー Naryさんの気持ちがわかります。笑

プリはもういいので今後はOTLパワーアンプをやってみようかと思います。MINI SA-4の自作とか(でも球が手に入らないですねー ) しかし OTLは是非やってみたかったので。。。。笑

投稿: vin | 2006年11月 8日 (水) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SA3000ULTRA をちょこっと。。。。:

« SA-1000の改造 ステップ3 | トップページ | Wooden Cabinet for counterpoint Products »