« SA-2 is getting Upgrade | トップページ | SA-2 Further MOD »

2007年9月 2日 (日)

SA-2 Upgrade Phase 1

Sa2p1 記事の内容がMC Head Ampですから多くの方には無用の長物かもしれませんが。。笑
Vinyl Loverには食指が動く内容かもしれません。 
写真をとった後ハム対策などしつつまた少し変えまして改造内容は下記のとおりです。
尚、以前取り外した残りの部品やたまたま手元にあった手ごろな物を使ったので
今後の微調整でもう少し良くなるとは思います。

尚、真空管のノイズにはかなり敏感なので選別しないと非常に使いにくいですねー。。
電源平滑 Cap ニッケミ(かなり前に生産中止) BGを使いたかったものの高いのでとりあえず手持ちで。Cerafine(これもかなり前に生産中止)は長すぎてちょっと厳しかったです。
レギュレーターCap Black Gate、TRT InfiniCap、AuriCap
ヒ-ター回路 HEXFRED+Nichikon KZ+FG
Signal Pass TRT InfiniCap+ DynamiCap
です。(InfiniCapはDynamiCapの前のモデルで構造はほぼ同じ)
とりあえず フィルムコンと電解コンを全部交換し、ヒーター電源のダイオードブリッジをHEX FREDに交換しました。 HEX FREDはスイッチング速度が早くソフトリカバリーのためノイズが非常に少なく電源に用いるとすぐに改善効果を体験できると思います。ブリッジを組んでも 部品代1500円くらいと手ごろなので私はお勧めします。SA3.1はB+電源もダイオードブリッジで整流しているのでここをHEX FRED化するのも良いと思います。
本日一日電源を入れっぱなしにして慣らし運転しましたが 予想していた以上にかなりいけると思います。笑 
レコードは ネイサン ミルシュタイン(あえて英語発音にて失礼します)の バッハ 無伴奏バイオリンソナタ、パルティータをちょっとまじめに聴きましたが 自分でもびっくりするくらいいですね-。。笑  手持ちの他のヘッドアンプを使う気がしなくなってきました。今後も改造をしていきますが この音質ですとこれが常用になっていくと思います。
ということで今回はSA-2でしたが Counterpointのプリアンプは電源とレギュレーターの設計がほぼワンパターンで上記のような内容でRebuiltすればどのアンプもかなり改善すると思います。
その後トランスや、抵抗を交換すればさらに改善しますが、ここまででもかなり良くなると思いますのでご自分でされる方は上記内容は費用もそれほどかかりませんし(とはいっても部品だけで5万円くらいはかかりますが)お勧めです。

悩みはヘッドアンプですがプリアンプより部品点数が多くアップグレードにお金が掛かるというところです。笑 しかしアップグレードの部品を用いて一から作ったとして 部品コストが最低でも15万円かかると思われ(大量仕入れ効果は考慮せず) それから換算すると 通常のメーカーなら100万円程度の価格にしないと採算が取れないと言う内容です。そう考えると内容としてはハイエンドMC ヘッドアンプですな。(と一人悦に入り自画自賛 笑) 音も良いはずですねー 自爆 見た目は寂しいですけどねーーーー。笑

尚 CR変更は 部品を差し込んで行なう方式です。

|

« SA-2 is getting Upgrade | トップページ | SA-2 Further MOD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SA-2 is getting Upgrade | トップページ | SA-2 Further MOD »