« SA5000 PSU MOD | トップページ | SA-2 Final へ GO 笑 »

2008年1月19日 (土)

アンプの音は抵抗が作る? その1 Vishay VSH vs Vishay Naked

これはあくまで私が Mike からもらったアドバイスを含めて ここ2年間自分でアップグレードして感じたことです。他の要因もあるかもしれません。またこれらの抵抗のように最初から高い精度を持っているものを使わなくとも設計値に近いものを選別して使うという方法もあるでしょう。しかし良い抵抗は良質のワイヤーと同等ということで選別だけでは限界もあるのではないかと思います。

ただしそれほど高価かつ高精度の部品を使っていなくても非常に良い音のアンプは存在するということも感じており、今後の趣味の研究課題ではあります。笑 回路的に誤差を吸収する設計が盛り込まれているのかもしれませんが。。

さて 拙宅のSA5の入力抵抗はセレクター1と2がVishay  Naked,で
セレクター3と4はVishay VSHです。比較のためそうしています。その他の場所は使えるところは全てNakedです。

入力抵抗だけでもかなり変わりますが、シグナルパス、レギュレーター、パワーサプライ、バイアスネットワークに使うとその期待以上の改善振りには驚きまし た。最初にオリジナルからMillsに交換したときはそれなりに感動しました。笑 それをVSHに交換したときはその鮮度、生命感 生き生きとした表現に さらに驚きましたが、Nakedに交換するとさらにストレスが取れ鮮度はさらに向上しスケールが大きくなり 非常に微細な表現とともに滑らかさと力感が増 しました。今ではこの抵抗の音に慣れてしまっているのでこれなしにアンプの製作や、改造は考えられないくらい影響力が大きく、これはこれで困ったもので す。一箇所交換するだけで何らかの改善があるのでやらずにはいられないという。。結局使えるところは全てNakedになってしまいました。SA5 SuperではSA5 Premiumの約2倍の本数のNakedを使います。耐久性なども考慮すべき点でこれは現在テスト中です。約6ヶ月電源を入れっぱなしにしていますが、 今のところ問題はなさそうです。あとはもう少し電流を流して連続稼動した場合どうなのか?ですが 仕様上はぎりぎりOK,回路も多少変更し 少し余裕を持たせましたので問題ないとは思っています。 VSHも非常に良い抵抗だと思います。、市販のハイエンドアンプの多くもここまで良い部品は用いていないのでこれでも十分といえるかなーと思えるほど音の 良い抵抗だと思います。初期のコニサーはNakedのエポキシモールドバージョンを大量に使っていましたが今はどうなのかは知りません。
Vishay の抵抗でもNakedにエポキシモールドを施したものは一般に出回ってはいますが、エポキシ樹脂の誘電率が音質に及ぼす影響は多少なりともあるらしく 無い方が良いという見解もあちこちで見聞きしますし、自分でも数箇所で比較してみましたが こ こはやはり見逃せないのかもしれません。私はじっくり比較したことはありませんが。たしかにエポキシタイプはなんとなく伸びやかさが足らないなーという気 はしました。カチッとするというかですね。やや かさつきが出るというか 自然さやスムースさ 開放感は後退する印象を持っています。
ここ2年ほどいろいろやって見た結果、抵抗が音を作っている部分が予想以上に大きかったということを認識しました。Volume Podも抵抗ですし。。。それプラス電源の重要性でこれは一つにはアンプのパワーサプライの電源変動除去比が音質に及ぼす影響が大きいということも強く感 じるようになりました。外部に安定化電源を持つことも有効だと思いますし、いろいろな手法があると思いますが。。。私はアンプの設計に関しては素人ですし 良くわからないので今後の課題の一つと していくつかの方法を試してみたいと思っています。SA5の電源もそういう意味では良い設計かなーと最近は思うようになりました。WVシリーズもコンセプ トは同じです。
さて、抵抗の話に戻りますが Nakedは一本12ドル-35ドルくらいしますが使う価値は十分にあると思います。現在手に入るものの中ではNakedはZ201を除きベストではないかと思っていますが、Z201はNakedの4-5倍の価格ですからこれも悩ましいですねー。。。どなたか廉価で良い抵抗をご存知の方是非こっそりご紹介ください。^^ m(_ _)m

|

« SA5000 PSU MOD | トップページ | SA-2 Final へ GO 笑 »

コメント

>廉価で良い抵抗をご存知の方、是非こっそりご紹介ください。
・・・はい、ありますよ!

こっそりということなので、メールを差し上げますね。

投稿: Kapell | 2008年1月19日 (土) 12時04分

Kapellさん 昨日はありがとうございました。^^
早速注文しまして 明日あたりに届くと思いますので取り替えて比べて見たいと思います。

投稿: vin | 2008年1月21日 (月) 10時37分

はじめまして。
困ってこちらへ寄せていただきました。
SA3.1のパワー入れると UNT-5A RAI 882と書かれた電源部?の抵抗が真っ赤になって焼けそうになります。
上から見て WonderCap8μF210V CE 7502A と書かれた白いコンデンサの右にあるパーツです。
原因など素人なのでよく分からないのですが、何か良策あれば是非お教えて頂けないでしょうか?
宜しくお願い致します。

投稿: inat | 2008年2月 3日 (日) 14時02分

はじめまして、その現象はどこかのショートだと思います。。抵抗に多少余裕があるので真っ赤になる程度で何とか持ちこたえていると思われます。
いずれにしてもショート箇所を特定して部品を交換もしくは配線がどこかでグランドとつながってしまっているか?半田かすなどが基盤パターン上でショートを作っているかなどが考えられると思います。電源をコンセントから抜いてテスターでレギュレーター、B+電源平滑回路、プレートロードなどの回路でどこかがグラウンドとショートしていないか調べてみてください。どこかショートがあれば目視でまず捜してみてください。コンデンサーショートは考えにくいので
場合によってはレギュレーターのトランジスターが内部ショート状態になってしまっているかもしれません。ベースとエミッター間とコレクターとエミッター間がショートしているかも調べてみてください。もし私がここに書いていることがおわかりにならない場合自力解決は不可能だと思いますので修理に出された方が良いと思います。修理できる人なら簡単に直せると思います。当方でも修理は可能ですので必要でしたらメールをいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

投稿: vin | 2008年2月 3日 (日) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SA5000 PSU MOD | トップページ | SA-2 Final へ GO 笑 »