« SA-2 Final へ GO 笑 | トップページ | SA3.1 Upgrade 久々 笑 »

2008年2月14日 (木)

DACT on SA5

Dact さてDACTの前に使っていたTKDのボリュームがついたSA5で音を聴いたあと、DACTに交換しました。

取り付けた後に1時間ほど音楽を聴いてみました。
使ったのはDACTの100K STEREO Typeですが大きさは手ごろでSA5にも問題なく取り付けることが出来ます。ただし 取り付けナットが大きいため標準のALPSやNOBLEのボリュ-ムPODのようにフロントパネルの内側でナットを締める場合はパネルの穴を直径で1ミリ程度広げなければなりません。ということで今回はフロンパネルの外側で締めました。この場合もねじ山の出っ張りがぎりぎりなのでやや不安ではありますが何とか取り付けは出来ます。とりあえずはノブで隠れるためこれでも良いでしょう。

Lovisa Argerich DACTの寸法は標準のVolumeより長いので無改造のSA5の場合レギュレーター内のPhonoStage用のコンデンサーと干渉しますから、コンデンサーの位置をずらす必要があると思います。TKDでぎりぎりというところです。
ちなみにSA3,SA5でPhonoは使わないという場合はレギュレーター部のPhono用のコンデンサーを取り外し ヒーター回路もPhono用をカッ トしライン専用とすれば音質は若干向上すると思います。あるいはPhonoの真空管をはずしてしまってもいいと思います。はずしても全く問題ありません。
初期のSA5の一部はPhonoの球をはずすとラインステージの球のヒーター回路もカットされてしまいますから配線変更が必要です、簡単に出来ます が。。。。。Phonoを使わない方はPhonoの球を抜いてしまっても問題ありませんから是非お試しください。多少は音質も良くなると私は思います。
アップグレードではコンデンサーは取り外してからBlackGateを取り付けるのでVolume Podと干渉しないように設置すれば問題ありません。もっともBlackGateは去年の8月に全品種生産中止になったので市場在庫しかありませんからも う手に入らないかもしれませんが。。。。。海外ではカナダのParts Connectionが2-3年分をカバーできる在庫を持つべく大量に仕入れたようですが500VのWKZシリーズはすでに在庫がなくなっています。
ELNAもそうですが音の良いコンデンサーがどんどんなくなっていくのは寂しい限りです。ニチコンで作ってくれませんかねー。。。。。。。
今後はJensenなど現行品を評価用として試しに使って見たいと思います。電源平滑用に他のコンデンサーとBlackGATEを両方使われたことがある方良いコンデンサーがありましたら是非インプレッションお願いします。
さて相変わらず前置きが長くてすみませんが、DACTの音質はどうかというところが皆さん気になるところでしょう。。。。笑
まず使い勝ってですがこれは非常に良好で 22ステップアッテネーターですが最初の数ステップは非常にスローです。最初の数ステップはボリュームの上がり方が少な いので TKDのLogカーブより使いやすいと思います。TKDはLogでも音量の上がりがかなり速いですよね。しかもある程度まわさないと左右の音量がそろわ ないことが多いです。これは個体差らしくメーカーはそこまで保証していないので通常9時の位置以上なら問題は無いようです。私が使っているものも8時以上 では問題ないもののそれ以下ではかなり音量差が出ます。8時では夜聞くにはうるさすぎるということもあります。
DACTはその点よりコントロールしやすく聴こえるかどうかという音量もコントロールできて使いやすかったです。
また長くなりました。。。。。さて音質がどうかですが。。。。。。。。
TKDのCP2500シリーズと比べるとよりSNが良いというか微細な情報も良くでるようです。ありきたりな言い方ではより透明感が出るというか。。。。
価格を気にせずよりよいものを求める場合はお勧めだと思います。正直なところ価格差ほどの差はないと思い ました。しかし確実に音は良くはなるということもまた確かだと思います。笑 総合的に判断して今後自分が他のアンプのアップグレードで使う場合は価格の点でTKDを使います。ただし、お金を気にしなくても良いシチュエーション(儲かったときなど 笑)では出来るだけ良い音を求めて DACTを使うでしょう。。。。TKDでもオリジナルのVolumeよりはかなり改善しますし価格もそこそこですからこれはお勧めだと思います。
特に最初期のデナントタイプと比べると雲泥の差といっても良いかもしれません。
TKDは実売価格4600円くらいでDACTは24000円前後でしょうか?
もっとも音質はボリュームのみならず他の部品も大きく影響するのでDACTに交換される場合はまず他の部分のアップグレードを強くお勧めしたいところです。VolumePODを交換すれば交換前に比べれば確かに音質は向上すると思いますが、他が脚を引っ張るのでその性能を出し切れないと思うからです。
同じ費用を他にかければVolumePod交換以上の改善が期待できると思います。その後でVolumeを交換すればさらに改善が良くわかるだろうというのが私の感想です。

しかし このあたりは私がどうこう言うことではなく 改造をされる人がどう考えてどうするか?です。求める音の品位というかクオリティーがユーザーそれぞれ違いますし、耳も嗜好もそれぞれ違うので 人によって印象は違うでしょうから結局自分で使って見ないと判断はできないと思います。 

さて、最後に参考になるのかどうかわかりませんが。。。。。少しだけ書かせていただくと、DACTはTKDに比べローレベルの再現性は確かに向上し、音の伸びが良くなり音像はよりピンポイントになると 思います。トランジェントの再現はよりよくなり品位は確実に向上しているとは思います。22ステップしかありませんが実用上 使い勝手は非常に良いとおも います。ということで しいて言うなら 悪くなることは誰の耳にもまずないだろうなー とは思います。。。。
後は価格をどう判断するかですねー。。。。笑
TKDにもDACT同様の基盤実装型抵抗を使った22ステップのアッテネ-ター P2500シリーズがあります。価格は10600円くらいです。これもそのうち試してみたいと 思います。このタイプはコンダクティブプラスティックのタイプより音は良いという噂ですから。そうなるとDACTともほとんど変わらないのではないか?と勝手な想像をしていますが。

もしTKDのコンダクティブプラスティックのタイプCP2500シリーズとステップ抵抗式P2500シリーズの両方使われたことがある方がいらっしゃいましたら是非感想をお聞かせくだ さい。

|

« SA-2 Final へ GO 笑 | トップページ | SA3.1 Upgrade 久々 笑 »

コメント

エントリー拝見しました。
別の場所では、小音量時の調整が難しい旨記載があったので、逆にうれしい情報です。
時々アメリカでセールしたりしているようですので、まあぼちぼち狙ってトライしてみようかと思います。
しかし、Mikeが採用したことも有り音質的にはいいものなんでしょうけど・・・値段高いですよねぇ(苦笑)

投稿: Nary | 2008年2月14日 (木) 12時20分

しばらく聴くうちにまた少し良くなったようです。多少エージングもいるんですかねー。
あんまり良いというと問題もあるので控えめにコメントしました。個人的には気に入っているということで。。。。。
次はリモコンを付けたくなってきました。笑

投稿: vin | 2008年2月14日 (木) 14時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SA-2 Final へ GO 笑 | トップページ | SA3.1 Upgrade 久々 笑 »