« DACT on SA5 | トップページ | SA5 Pre Final »

2008年2月15日 (金)

SA3.1 Upgrade 久々 笑

Sa3a Sa3b 今回お預かりしていたアップグレードはこれまで行なった中でも最もHeavyなものでそれに伴ない音質もかなり向上していると思います。

通常のPremiumと同等のアップグレードに加え Plitronの電源トランス
CardasのUmbilical Cable(私自身はじめてやりました)などです。
音質は良いと思います。オリジナルのボリュ—ムPODがやや足をひっぱている感じですが、判断はユーザーがすべきなのでコメントはこのくらいにさせていただきます。
尚、内部写真はいろいろあるので加工してぼかしています。笑
ちなみに今回Millsの抵抗が不良でノイズが出たものの再現性がない接触不良などもありいままでで一番苦労し作業そのものは一日あれば十分なんですが不良箇所特定に非常に時間がかかり丸1週間かかっちゃいました。 こんなに疲れたのは初めてです。笑
なお、梱包前に12時間連続通電と音だしし、最後、試しにPhonoの球をはずしてLine専用として聴いてみましたがはずした方が音は良いと思いました。電源をラインステ-ジが占有できるので僅かなコンタミネーションが取れるようです。ラインステージしか使われない方はPhonoの球ははずして使われるのはお勧めです。と私は思います。

今回トラブルシューティングついでにいろいろ試してみたかった部分のひとつ、プレートロードを何種類か振ってみたりしましたが。。。やはりMikeが選定した数値が一番よさそうでした。

|

« DACT on SA5 | トップページ | SA5 Pre Final »

コメント

まだCPのアンプは所有していませんが、あまりにも楽しく素敵な世界なので近々どこかで購入してお仲間に入れていただきたいと思います。その節はよろしくお願いします。ところで次のページでは、パワーサプライ内部の電圧が上がりすぎるので、Phonoの球をはずしてはならぬと説明されております。
http://www.altavistaaudio.com/FAQ.html#001
気になりましたのでご連絡しました。

投稿: Tenn099 | 2008年4月 6日 (日) 13時39分

しばらく留守にしており遅くなりましてすみません。^^;
今後ともよろしくお願いいたします。
Phono球の件はSA3000,SA5000ではおそらくそうだと思います。これはやったことがありません。
SA3.1,SA5.1では大丈夫だと思いますし、私はいつもはずしています。 もう2年くらい電源入れっぱなしです。笑
Sa3.1,Sa5.1ではPhono球無でもレギュレーターの電圧も常に一定で単にPhonoで消費されていた電力が不要になるのでコンタミネ-ションが減るため音は良くなると思っていました。
いずれにしても 解釈に間違いがあってはいけないのでMikeにも確認してみます。^^;ご指摘ありがとうございました。

投稿: vin | 2008年4月14日 (月) 18時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DACT on SA5 | トップページ | SA5 Pre Final »