« Thick Wool felt Pad under the Valhalla Board 笑 | トップページ | DA10 の修理+電源アップグレード »

2009年2月20日 (金)

Thorens TD124 のモーターを分解掃除しました Part1

Twomotors とりあえず2個だけやってみました。
分解の行い方、清掃、注油,組み立てと 調整の方法は、ご存じない方はどなたでも出来るように
別途詳細に、

画像付きでご紹介したいと思います。ただし私が自分でバラして組んでみたやり方ですから、昔のトーレンスのテクニシャンがそうやっていたのかどうかは知りません。
メカの基本は一つですから、調整のやり方も誰がやっても最後は同じようになることで間違ってはいないと思っています。分解掃除した後の結果今まで良好です し。。。一度も調子が悪いと言う事は聴いた事はありません。。既にメーカーのサポートが終わった製品ですから、今後は愛好家やユーザー自ら
協力し、部品を製作してシェアしたり,
情報交換をしながら末永く使って行ければ良いと考えております。

アフターマーケットパーツの質も上がってきてはいますが今後はより良いものを作るべく
世界中の個人のTD124 Loversと協力して 非営利 なネットワクークでユーザーフレンドリーな
独自のオープンソースが出来れば良いなーと思っておりまして。。。。。。
今後そういう方向で 可能性を探って行きたいと考えています。
ただし部品を作れる人は限られることと部品だけは購入しなければならないのでここは業者か,個人で部品を作っている人にお願いしなければならないと思いま すが。。。。皆さんの足並みが揃えば供給する側、購入する側 双方がハッピーになるのではないでしょうか?それも 品質を上げて価格を低く維持出来るよう にするとか、その辺は消耗品は可能ではないでしょうか?
難しいところも有るとは思いますが。。
自分でやる人がどんどん増えれば、どんどん広まって行くと思います。いままでなぜあまり広まってないのか?それとも すでに広まって入るが私が知らないだけなのか??笑
そういう可能性も探りつつ、やって行ければいいと個人的には思っています。。。。
要は自分が安くメンテナンスしながら末永く使って行きたいと言う欲求からなのですが。。。

|

« Thick Wool felt Pad under the Valhalla Board 笑 | トップページ | DA10 の修理+電源アップグレード »

コメント

突然のコメントご容赦ください。トーレンスtd124を整備中です。ネットで調べながらの整備ですがなかなかうまくいきません。モーターの振動を軽減したいのです。レコードをかけたとき針がレコード面から拾うノイズ(ブーン)がとれません。針を面から離せば消えます。内部のベルトをはずしてもレコード面にのせたカートリッジからノイズ聞こえるのでモーター本体から発生してプラッターまで伝搬しているものと思います。シャーシに取り付けの3本のロッド(ネジ)を触ると結構ふるえています。ばらして軸受け、軸、オイルを整備しても本体の振動はなかなか消えません。この程度は仕方ないのかともお思いますが、本来の状態を知りません。モーターの防震ゴム等他はいじっていません。何か情報がありましたらご指導頂けましたら幸いです。

投稿: アミーゴ | 2011年11月20日 (日) 21時22分

多忙中 故 簡単に失礼します。
まずはモーターサスペンション(防振ゴム)を交換して見れば良いのでは無いでしょうか。普通の方が自分で出来るのはここまでだろうと思います。
それでも直らないもしくは気になる場合は専門の業者に点検を依頼したほうが良いと思います。

投稿: Vin | 2011年11月21日 (月) 13時39分

情報ありがとうございました。防震ゴムの予備がないので手持ちの「ソルボセイン板」を打ち抜いて変えてみましたが大して軽減しませんでした。しかし、前回分解してみた時モーターの内部の回転部分の軸の上の部分(長い方)になぜかファイバーワッシャーらしきものが2枚入っていたことを思い出しました。本来はいっているものと思っていそのままにしましたが、いろいろ調べましたがどうもそんなことは無いように思い直しました。どうでしょうか。何か入っている必然性があるのでしょうか。(アイドラー軸に入るべきもののような気がしますがわかりません。)ということでこれを取り去って再度慎重に組み立てましたらかなり振動が軽減されたようです。プーリーをつけて100Vで回転させておいて電源を切断して約10秒ほど回転し続けます。これでいいのかわかりません。いずれにしても軽減したとはいえ指で振動が結構わかる程度です。他のLPのモーターでは感じなかった振動です。アンプのボリュームを2時くらいにするとまだ「ブーン」は聞こえます。針をあげれば消えます。これ以上のモーター調整は自分には限界なのでしばらくこのまま使いたいと思います。モーターの芯出し調整はとても微妙で、4本のビスの1本の8分の1回転で違ってきます。とにかく貴兄のページの情報がとても役に立ちました。改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

投稿: アミーゴ | 2011年11月21日 (月) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Thick Wool felt Pad under the Valhalla Board 笑 | トップページ | DA10 の修理+電源アップグレード »