« Thorens TD124 のモーターを分解掃除しました Part1 | トップページ | SA9Jr を修理しました »

2009年4月20日 (月)

DA10 の修理+電源アップグレード

利雪サンから調子が悪いとのことでお預かりしたんですが時々音が途切れるという症状が出ていました。
Rapture基盤上のLEDが点灯していて音が出ないのは

+13VDCか-13VDCが来ていない場合にもっとも出やすいと思います。私も今回を入れて過去3台同じ症状のものをお預かりしまして原因は13Vを作るレギュレーター回路のトランジスターのベースがの足がささっているスルーホールの断裂でした。
ハンダは基盤裏なんですが基盤パターンが基盤表のためハンダが正常でもパターンとスルーホールのスリーブがわずかでも離れてしまうと電源を供給出来ませ ん。RaptureはLch, Rchともに独立した電源+-13VDCを持っていますが片CH の電源が供給されない場合動作しない構造になっています。たいていはどちらかのCH の+13Vのみか-13Vのみ断線している事がほとんどです。ということで基板裏をワイヤーで直配線し対策したので今後は出る事はないと思います。
DA10の旧基板 Analog Devices Rapture 同様にどれか一つでも不良があると動作しませんが
UltraAnalog カードのみは動作します。内部でジャンパー(パラになっている)されているんでしょう。
もし 音が出ないようならアナログ電源の+-13Vをチェックされると不具合も早めに見つかる可能性があると思います。ご興味がある方はサービスマニュア ルを入手され、回路図を見て頂ければすぐ分かると思います。今回はコンデンサーバンクと電源回路の抵抗のZ201化なども行いました。

|

« Thorens TD124 のモーターを分解掃除しました Part1 | トップページ | SA9Jr を修理しました »

コメント

今回は、いろいろお骨折りを頂きまして有難う御座いました。
どんな感じになったか今から楽しみです^^

投稿: 利雪 | 2009年4月21日 (火) 11時10分

ごぶさたしております。
>コンデンサーバンクと電源回路の抵抗のZ201化なども行いました。
うーん、興味津々というか明日にでも当家のDA10もお送りしてしまいたいところです。
が、ここは当面の課題をひとつひとつ片付けてから・・・ですねー。と言いながら、当家のローサーには#24GA(西の方の電機屋さん製)という相性の良い線材が組み合わさりまして、また少し(というか驚くほど)色艶が乗るようになりました。まさにWE(あ、言ってしまった)マジックです。

投稿: だまてら | 2009年5月 2日 (土) 22時52分

Vinさん、コメントにて失礼いたします。
ariaの修理の件で何度かメールさせていただいております。またこちらのメールの設定で返信が撥ねられてしまっているのでしょうか。
見込みなどお教えいただけると幸いです。

投稿: amber | 2009年5月12日 (火) 22時22分

amberさん,失礼致しました。以前2ヶ月くらい前?にいちどお返事しましたがそれにたいするご返信が無かったのでこちらからの返信はもう届かないのだろうと推察し最近頂きました2通は返信しませんでした。まだそれ以前の受注残(すでにパワーアンプ3台が拙宅にありそれらがまだ処理できておらず、置き場所の確保が出来ないため当分先になりそうです。プリアンプなど場所も取らずなれているものは速いんですが。。Ariaはまだ当分かかると思います.大きい物は場所も広くないと結構大変で、というのは作業をやりっ放しで何日もワークベンチにのせたままと言うのが理想なのですが拙宅は広い作業場が無いため作業をするたびに毎回バラして、その日の作業が終わったらまた 組み立てて箱に戻ししまわねばなりません。これを繰り返すのはかなりのエネルギーを要するため先延ばしになってしまっています。なんとかお役に立てるようにと思っておりましたが昨年暮れから世界経済の状況がが急変し 私自身も同様に於かれた状況が急変し、じっくり落ち着いてなかなか出来ない状態になっており、パワーアンプはちょっと不可能だと言う結論に達しました。いろいろな予定が全くその通りにいかなくなってきまして、見通しが立たない状態です。もとMikeのところにいたサンディエゴのエンジニアに送れば直ぐに修理できると思いますのでアレンジをさせて頂く事は可能ですし、その方が良いと思いますが。
どうでしょうか?

投稿: vin | 2009年5月13日 (水) 01時33分

vinさん、3月に頂いたメールではもうひと月かかるということで、四月上旬にご案内いただけるものと思い、あまり催促するのもおこがましく、4月中旬までメールするのを待っていました。vinさんのところでは対応不可能とのことで、サンディエゴのエンジニアとのアレンジをお願いできませんでしょうか。
詳細、メールいただけませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

投稿: amber | 2009年5月13日 (水) 06時30分

amberさん,Mikeからも聴いてもらってますので少々お待ちください。こう見えましても頂くメールがことのほか多く、ひと月に10件くらいお問い合わせ返信などがございまして、自分でも訳が分からなくなっており^^; 正式に受注してない物はしばらく完全に忘れている事も有りますのでご遠慮なくしつこく聞いて下さい。それで思い出して事が進む事も有りますので。。ご返信に対し了解なのかどうか一言だけでも結構ですので、手短に頂けますと助かります。勝手をもうしましてすみませんがよろしくお願い致します。

投稿: vin | 2009年5月14日 (木) 04時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Thorens TD124 のモーターを分解掃除しました Part1 | トップページ | SA9Jr を修理しました »