« IKEDA 9 | トップページ | 1978 »

2008年1月11日 (金)

IKEDA 9 EM PL その後

ドーデも良いネタですが、手持ちカートリッジの総聴き比べをやってみました。これは初期のEM PLで現在のものとは外観に違いもみられます(ボディーの色と印刷だけですけど)
比較したのはBenz Ruby 3, Wood L2, Shelter 901, ZYX Airy R1000, Lyra Helikon  で、感想は IKEDA 9 EM PLがダントツでした。

41fvzh4ffsl それだけ聴いているときはどのカートリッジもイイナーと思うんですが、IKEDAに変えてみると質の差、情報量に於いてもIKEDA以外のそのどれも甘いと感じてしまいます。
Benzも情報量は多く独特のつやと響きがあり。Shelterは端整ですが豊かな響きで音楽性も良くピックアップとしては非常に優秀だと思います。 ZYXもこの範疇で少しふんわりしたところも感じますが 情報量は多いと思います。Helikon も好きで質感は少し異なりますがShelterに似た感じでしょうか?。IKEDAはそれらをさらに研ぎ澄ました感じで空間がより澄んでいてあいまいさが 非常に少ないと感じました。音像はより小さくピンポイントに定位し ピアノの芯はよりソリッドかつ鮮明でワイヤーの振動まで見えるように感じるというとい いすぎでしょうか?しかし音にきつさは感じません。IKEDA以外は残念ながら少しかすみがかかったように感じます。ということでOTさん 安く譲って頂 いてありがとうございます。しかしこうなるとアームをどうにかしたいという別の欲求がふつふつと。。。。笑
カッティングマシンがやっていることの逆をそのままピックアップに応用したようなカートリッジだと聞くとそれもうなずけるものがあります。ただカンチレ バーが無いので針が拾った振動はカートリッジ本体を伝わって直接アームにも伝わるため共振対策や、振動を吸収する工夫は必要だと感じます。ということでこ れはこれで新たな悩みが出てきました。。MUSAやSUPRIMOはもっと良いんだろうなーとか?笑 続きは後日。。。。。。

追記:クラフトのアームはIKEDAには合わない感じですねー。トレースは今のところとりあえず問題ないですけど。

取り説にもワンポイントピボットのアームでインサイドフォースキャンセラーを錘をぶら下げた糸で引っ張る方式は最も相性が悪いということが書かれています。

それでその辺にあった安物のオーソドックスなスタティックアームにしてみたところそのほうがトレースは良さゲデでした。笑 クラフトも良いんですが若干不安定な部分を感じました。基本的にはがっちりしたリジッドなアームが良いようです。

Turntable ROKSAN XEXERS
Tonearm Audio Craft AC3000MC (ダンピングやや強め)
MC Head AMP SA-2 Premium Upgrade
Phono Amp SA9Jr
Pre SA5 Premium plus
以下省略

 

|

« IKEDA 9 | トップページ | 1978 »

コメント

はじめまして、イケダ9で検索していてヒットしました。カートリッジの比較の文章を読んで、同感しています。とても以前の記事なので現在はどうされていますか。私もイケダ9にはまっていますが、機種は主にMWSA-UとREXですアームはFRとイケダを使っています。使いこなせる人が少ないですが、恐らく他のカートリッジで対抗するのは難しいのではないかと思います。うちでもマイソニックのウルトラエミネントBC,シグネチャーゴールド、オルトフォンのMCアンナ、エクスプレッションなんかが敗れ去りました。新しいテクニカのAT-ARC1000もなんどか試聴させてもらいましたが、イケダ9C5ぐらいで音が薄く感じます。恐らくマグネット量の差が大きいのでしょう。情報交換出来る様になれませんか。

投稿: M.Y | 2017年3月28日 (火) 09時43分

こんにちは かきこみありがとうござまいます。最近は以前ほどオーディオをやっていないため(音楽だけ聴いているような状況)で余お役に立てないかもしれませんが何か有れば情報交換は可能です。もし直接でよろしければこのページ左上のメール送信よりメールをいただけましたら幸いです。

投稿: | 2017年4月 1日 (土) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« IKEDA 9 | トップページ | 1978 »