« 過去にUpgradeしたSA5.1を少しリファイン | トップページ | NP100 Rail Caps & Rectifier + Input Caps Upgrade »

2019年4月 3日 (水)

NP100 低域改善 Tryout してみました。

Np1 NP100にもう少しディープな低域出せないかと思い Rail Capを 試験的に 4個Np2 Np3_1 22000uF に交換してみました。

22000uFですと最小サイズでも 65mmx 100mm となり縦では高さオーバーで入りませんので

 

 

横に倒してとりあえず仮止めとし インストールしてみました。

私感で恐縮ですが低域はかなり改善されかなり深く沈み込む質感が出てきたようです。またそれに伴い中高域の質感も変わり全体的に

小回りは効くもののやや神経質で張り詰めた感じからモノペアに近い余裕のあるリラックスした感じ(甘いとゆう意味ではなく力まずに楽にスピーカーを鳴らす感じ)になってきました。ただしモノペアほどではなくその中間といった感じであるようです。

改善することは確認できたのでこれはお勧めしたいところです。

使用したCapはニチコン KG Gold Tune 22000uf 63Vですが試験的に行うべくコストを抑えたためグレードをお落としましたが

十分な改善が得られたと思います。今後はこれを 同じシリーズの上位KG Super Through 22000uf 63Vに変更してみる予定です。さらに改善すると思われます。どの程度かまでは予想できませんが。Gold Tuneでも実は予想を上回るものでしたのでそこそこ期待はしています。

NP100( Sa12, Sa100)のシャシーは小さいのでこのサイズが限界ですがこれでも金具を用いてしっかりマウントするには少々工夫が必要で

どうやってスマートに固定するかはまだ結論が出ていません。しかし綺麗に収まることはわかりましたのでユニバーサルのステーをし加工して

固定する方法でまずは行ってみる予定です。

 

|

« 過去にUpgradeしたSA5.1を少しリファイン | トップページ | NP100 Rail Caps & Rectifier + Input Caps Upgrade »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 過去にUpgradeしたSA5.1を少しリファイン | トップページ | NP100 Rail Caps & Rectifier + Input Caps Upgrade »