ariajp.cocolog-nifty.com > Upgraded Counterpoint products

Sp_linear_technology リニアテクノロジー

Sp_linear_technology リニアテクノロジー

 使っているスピーカーについて 何度か ご質問をいただくことがあったので とりあえず。
私は Linear Technology リニアテクノロジー という神奈川県のガレージメーカーのスピーカーを使っています。実は拙宅のすぐ近くにあるんですが。 笑

部屋の移動がすんだら写真でも上げさせていただければと思いますが、。。。。

この 写真は同社のスピーカーのハイエンドモデルのS525です。 新品では 650-700万円くらいしていたらしい。 音を聞かせていただきながら所有者に聞いたんですが良く覚えていません。笑。。。
尚 この写真はSTEREO 2005年 2月号に掲載されていた物です^^;勝手に使わせていただきました。尚 私が聴かせていただいたのはこの写真とは別の方です。

 ウーハーはパワーアンプ チャンデバ 内蔵のMFB方式のアクティブウーハーです。
高解像度で鮮度が高く、きつさを感じず。 ダイナミックスが良く さりげなく自然な音質の数少ないスピーカーだと思います。変幻自在というかですね。。。。いまどきこんなデカホーンは流行りませんけど。。。。。音は非常に軽く微細な音も 良く通ります。(これも文章で説明するのは難しいですが。)

拙宅のスピーカーも基本的なユニット構成はミッドバス、ウーハー以外は同じですが パッケージが異なります。
イメージはスピーカー構想の絵に書いてます。 このSPではJordanのユニットをMid BASSとしてつかっており モーショナルフィードバックウーハー (125Hz以下) は 38センチでJBL 2235H 改 ぽいですね。--->かと思ったらぜんぜん違うメーカーのウーハーだそうです。

拙宅ではモーショナルフィードバックウーハーは30センチで Mid Bass はAltec414です。
またユニットはウーハー以外は縦一列のインライン配置とし ウーハーは独立した箱に収納され横に別置きにしています。
ドライバーユニットとツイーターはL241(2inch)、L121(1inch)、L-H1(Tweeter)です。

私もこれと同じものは 現物をみたのも音を聴いたのも一度だけです。 笑
スピーカーは聴いてみて気に入った物を使えばよいので 別にお勧めはしませんが、もしご存知ない方は(ほとんどの方は知らないでしょうけど 笑)機会があれば同社のスピーカーを是非聴いてみてください。^^  普通のハイエンドショップではなかなか聴けない類の音なので。何かの参考にはなるかもしれません。こんなのもあるのかーとか。笑

Linear Technologyの製品を 聴けるのは Audio Union 淵野辺店 くらいしかないかもしれません。確か鎌倉の ナハトムジークでも取り扱いがあったようですが。

尚、このメーカーは 非常に高音質な プリ、アンプ パワーアンプ、 デバイディングネットワーク、チャンネルデバイダー、またホーンやドライバーも単体で作っています。

| トップページ |