« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月14日 (火)

東京にもプルトニウムは降っていたらしい

6月7日 アーニー ガンダーセン氏の CNN インタビューです。東京でも4月には一人当たり10個/日のプルトニウムの塵が観測されていたとの事で, 外にいた人は一日に10個のプルトニウムを吸込んでいた勘定になるようです。

福島の住民は東京の住民の30倍から40倍の高放射能粒子を吸い込んでいるだろうとの見解です。なぜにホールボディーカウンターを早期に用意しないのか?もしくは設備がある所に無料でお送りして測定させないのか?大変腹立たしく思っております。。もっともα線を出す粒子が測定器で測れるのかどうか?は知りませんが。。。。
日本政府はストロンチウムが広域に拡散したことをちょこっと言っとりましたが米国でも検出されているプルトニウム、アメリシウム、キュリウムなどはいまだ検出されていないと言っているようです。真相は全く測定していないか?まだ隠蔽しているのでしょう。まあ10年後あたりに何らかの兆候が現れるのでしょうが、皆様と同様に何も無く過ぎてほしいと願っております。

問題はプルトニウムのホットパーティクルは現在国内に設置されている計測器では検出出来ないということなので何マイクロシーベルトかという事とは関係ない ようです。地面に落ちてある程度まとまればα線を検出出来るガイガーカウンターなら地べたにくっつければ測れるんでしょうが、人類はじめての経験ですから 我々は心配しすぎず用心は出来るだけしつつ自主避難するか関東に留まり実験動物として過ごすしか無いのでしょうが、こういうことを政府が分析し最悪の場合 と、そうでない場合の説明をし国民に判断してもらう以外に方法は無いのでと思いますが。今のような正直さと誠実さが無く、しかも何も行おうともしない政治 はもはや誰も信用しないでしょう。メディアにも同様の事が言え、福島県やその近隣の最も危険な場所に何も対策せず人々を放置する事は人道的に許される事で は無いと思いますが。。総理には即刻お辞めになっていただき、後継者に誠意ある対応を求めたいところです。政府には、詳細な放射能汚染の調査とマップ作成と今後の見通しとどういう対策をしようとしているかなど、移住を強制するにしてもしないにしてもどういう方向性でいくのかというプランを示した頂きたいと思っております。今は何ももしていないに等しいですし、民間主導、自治体主導、ましてはボランティアで勝手にしてくれと言わんばかりの対応には頭が下がる思いです。メディアはたしかに今までは東電に飼われていたような物だと言う事は周知の事実ですが今になってもなぜこういう至極当たり前の質問をしないんですかねー。被災地を取材して大変ですねー。。一応やりましたということで良いというもんでもないという気も致しますが。。。。

以下 アーニーガンダーセン氏の最新の大変簡潔で分かりやすいビデオ解説です。英語しかありませんが。。。

Hot Particles From Japan to Seattle Virtually Undetectable when Inhaled or Swallowed from Fairewinds Associates on Vimeo.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

6月13日の空間線量 相模原市

June_13th2011 画像の通りです。
東京で線量が上がっているとの報道があり測ってみました。
15μR/H=0.15μSV/H
この数値は先週、先々週も変わりません。雨が降ったあとに測定したので落ちたのかもしれません。
測定器: LUDLUM 2241 SURVEY METER
PROBE: LUDLUM 44-2 GAMMA scintillator
セシウム137で校正

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

『緊急特番 これが福島原発の現場だ!』

6月5日放送の NHK ETV特集 続編 放射線地図

6月3日 ニコニコ動画生放送 
『緊急特番 これが福島原発の現場だ!』
がアップされていたので貼付けました。
VEOH WEB PLAYERをインストールすれば視聴、ダウンロ−ド出来ます。
興味深い内容だと思います。


Watch NHK ETV特集 続報 放射能汚染地図 in Activism & Non-Profit | View More Free Videos Online at Veoh.com
Watch TPCO in People & Blogs | View More Free Videos Online at Veoh.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

福島原発微量放射線長期体内被曝で細胞異常の可能性は?

3月15日から4月6日までの放射線分布のシュミレーションビデオがYoutubeにありました。

私はこれを参考に住んでいる地域からどのくらい汚染されているか判断の目安にしています。現在,神奈川県相模原市の自宅前では空間線量は0.16uSV/h です。平常時の2倍くらいでしょうか?

昨日の総理記者会見はあまりにアホらしくて大きな憤りを感じております。阿呆さがどこまでも増長するので、さらに希望がなくなってまいりまして全く現状を把握していないんではないかと思ってしまいました。悪い夢を見ている気分です。そういえば奴(あえて奴と言わせて頂きまして)も夢を見ているような演説でしたっけ。このくらい怖いと思った事は滅多にありませんし会見を聴きながら脱力感と悪寒が襲って参りました。近代ではまれに見る誠意ある(のかどうかは知らないが)下手をすると勘違いによる最大の政治テロになってしまう事を恐れております。誰かに刺されない事を祈っております??

Fairewinds Associatesのマーガレット ガンダーセン氏が マルコ カルトフェン教授に被爆に関して病理的事象の可能性をインタビューした動画がありましたので貼付けておきました。

政府は被爆による障害に関し安全性の拡大解釈でリスクを完全無視し高濃度被爆を押し付けていますので、あの時もう少し注意しておけば良かったと後悔しないためにリスク軽減すべく線量が高い地域にお住まいの方は可能な方はしばらく子供さんを避難させた方が良いのではないかと思います。もはや自分で判断するしか安全を確保する方法は無いようです。心配し過ぎだとおっしゃる方もおられるでしょうが、政府はリスク管理を全く行わないので自分でリスク管理をし最悪の状況を想定して行動するしか方法は残されておりませんし、知識として持っておく必要はあるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

いわき市でも高濃度汚染地区があったようです。Sub Titile 素人の机上の空論ほど恐ろしいものはない

6月5日 午後10時から NHK ETV特集で ネットワークで作る放射線地図続編が放映されます。

内容は新たに発見されたいわき市のホットスポット、原発周辺のプルトニウム汚染があるのか無いのか?などのようです。

さて

首相居座っちゃいましたねーーーーー。

誠に遺憾です。。。。。自分の常識で勘違いしたまま続けてもらっちゃあ困りますねー。。

こういう人はたまにお会いしますがが、子供のわがままと同じでございまして市民運動しかしていなかったので一般的な常識が無いんでしょう。記者会見で私の内閣とう言葉を使う事がそれを如実に物語っているのではないでしょうか?長い近代史の中で世界中探してもこんな事を言う首相はテロ国家の首相以外では見た事がありません。役員会でクビを宣告されても居座ろうとする経営責任者と同じでございまして、言っている事は自分がやりたいというただそれだけであんたの希望などどうでも良いしさっさと出来る人に変わってもらって動く組織を作るようにしてくれと申し上げたい。官僚が動かなかったとか、大臣が阿呆で指示の通りに結果が出ていないとかいろいろあるでしょう。記者会見でも質問に対して答えていないですしね。良い人でも良くない人でも結果が期待していたものでは無かった場合すべてをひっくるめて責任を取るというのが組織の長で御座いますので何にせよ早う辞めてくれる事を願います。これほど腹立たしい事は近年ありませんでしたね。居座る事がこの国の不幸でございます。一国民の願いでございますので悪しからず。

しかも冷温停止がめどとは阿呆にもほどがあると思いましたね。専門家ならすぐ分かる事でしょうが、汚染水漏れを止めるのはほぼ不可能で、対策があるとれば実現可能かは別にして地下を含めて原発全体を覆う構造物を作り原発全体を外部に水が漏れない構造の大きなプールに沈めるイメージで水没させてその水を循環させるしか有効な方法は無いと思われますが。。今のままなら大気への放出は防げても海へは垂れ流し状態で、明らかに分かる所だけ止めても別の所からどんどん地下にしみ込んであの一帯の土壌はかなり深い所まで高濃度放射性物質で汚染されるのでしょう。最後には水脈を通って海に流出し、あるいは内陸側に広がってくる事でしょう。こういう事は普通なら誰でも想像出来ることですが。

まあ素人が言うのは簡単ですからこのくらいで。。。。もっとも奴も素人だけど。。。。

アーサーガンダーセン氏のコメント 字幕付では新しい物です。今後も放射性物質を止める方法は無い事と、未だに学童を汚染地域に住まわせるのは非人道的だと述べています。

 

http://www.youtube.com/watch?v=YA3xDz0ZfZo&feature=related

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

興味深い考察と報道がありましたので上げさせて頂きました

関西テレビ        スーパーアンカーで飯舘村 村長のインタビューが放映されました。 飯舘村の北部は福島市より線量が低い所も多いのに全村避難という不可思議さは私も感じておりました。

アーニー ガンダーセン氏の解説です。
氏の解説は信用出来ると思っています.


USTREAMでの矢ケ崎克馬琉球大名誉教授インタビューです。先日ソフトバンクの孫正義氏が参議院で最も危険な体内被爆を政府では全く取り上げないが、何か意図があるのか?とかガイガーカウンター500台が東京税関で止められているのはなぜなのか?など良い突っ込みをしてくれました。最も政府の反応は皆無なのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

計画停電は国民に対する脅しだった Sub Title当事者意識が無い日本人

東京新聞が 計画停電はただのウソで経済産業省と東電が仕組んだプロパガンダだった事をすっぱ抜きましたが まあ、そんなことは日常茶番時でございまして、皆さん気がついておられた事と思います。これで 少し分かった事は 現政府は官僚組織と東京電力と大手メディアにだまされていたということですが これが問題ならない事は非常に不思議なのですが。法律違反すれすれ若しくは明らかに法律違反のことが堂々と横行しております。計画停電で死人まで出ている訳ですからこれは検察が動かねばならないはずなのにその気配がないのは大変不思議で検察も官僚仲間のグルと言う事なんでしょうか?そういうことで誰も信用出来ない世の中でございます。分かっちゃいたけどここまであからさまですとちょっとしらけてしまいます。 記事はこの辺で見る事が出来ます。ご存じなければ是非どうぞ。 さてECRR(放射線リスク欧州委員会)がまとめたデータでは

続きを読む "計画停電は国民に対する脅しだった Sub Title当事者意識が無い日本人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »