« 7月16日 忍野 午後3時ころから | トップページ | クシゲマダラだけではないような? »

7月24日 やっぱり クシゲマダラは楽しい

 午後4時頃から ぼちぼち。金田一上でアカマダラのハッチがぱらっとあり瞬間的に入れ食いに..

ハッチ次第とは言いますが、下の映像のとおりでドリフトが 適当でも釣れるのは余り面白い物ではございません。(趣味の問題ですので悪しからず)、モンカゲロウもハッチしておりやはりフライには出てくるものの うぶな小さい魚のみ。コンディションの良い奇麗な魚が多かったということはありますが。 こういうシチュエーションはあんまり面白くありません。さすがに大きい魚が指してきて浮くほどのハッチでは無く盛り上がりには欠けました。そこそこのサイズの魚も瀬には出て来ており水中では何やら捕食している模様。釣る必要がない魚(全ての魚は釣る必要は無いのでありますが、釣り人の身勝手故少しは釣らせて頂いております 魚よスマン)まで釣っても魚をいためるだけなのでサイトはやらずドライに反応する魚のみ少しだけ釣ってから午後5時半頃に富士急前に。クシゲマダラのハッチと良さげなライズが期待出来るわりには私を含めて2人のみ。後から一人来られましたが。。相変わらずモンカゲロウはパラパラとではある物の継続してハッチしており上流の瀬ではスピナーがスウォ−ミング(但し数は少ない)

イブニングはクシゲメインでモンカゲロウも混じると言う感じでしょうか?この日はクシゲのハッチがすごい数で薄くらい逆光の水面におびただしい数のダンを確認。これは難しい釣りになると喜んでいたらライズはすごいのに余り釣れないという想像の通りのパターンに。。。。本物が多すぎるときにどうやって釣るかというのを考えるのも楽しい物でございます。

こういうシチュエーションが一番しびれますので、うれしいのではありますが。同時に不完全燃焼でおわるここちよさも。暗いのでドリフトはどうしても雑になり、それ以上にフライもリーダーも見えないのでライン操作が上手く行っているかどうかもよくわからないためそこそこ遠めのキャスト+ロングドリフトで釣るのは難しくもまた楽しく。狙った魚一匹釣れただけでも満足度は大変高う御座います。釣るにはつりましたがデカブラウンはフライの横ではライズするがフライは食わず。少し下流で鴨の親子が水面のダンを急がしそうに食べる始末。

この様子ですとクシゲマダラは禁漁まで出続けるんでは無かろうかという雰囲気で暑い時期にイブニングだけサンダルはいて釣りにくるには楽しめそうな感じでございました。まーどーなるか分からないのが自然の摂理でございますが。

ア、そういえば 富士急前にえさ釣りの人がいたのでご注意申し上げました。

また 遊魚券なしで釣るルアーの方がおられたのでこれもご注意申し上げました。とはいっても

違反ですので見つかる前におやめになった方が良いですよと明るい口調で申し上げただけでございますが。。。お二人ともア、そーなんですかー とか言っとりましたが。

|

« 7月16日 忍野 午後3時ころから | トップページ | クシゲマダラだけではないような? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108833/52310805

この記事へのトラックバック一覧です: 7月24日 やっぱり クシゲマダラは楽しい:

« 7月16日 忍野 午後3時ころから | トップページ | クシゲマダラだけではないような? »