« 2012年1月 | トップページ | 2014年6月 »

解禁も近いですが

Fe_thomas_steffen 忍野解禁は あいにく海外出張が入ってしまいました。
昨年は、大変な年でしたが、日本にもに留まらず、現在はタイの水害関係のリカバリーに関係する仕事をさせていただいており、3月一杯まではいろいろあって、釣りにも行けそうに有りません。人生で最も忙しかった(まだ継続中)のではないかというほどでしたが、それでも一日1−2時間程度は何とか時間がとれ、しかし出かけるほどの余裕がないので、ロッドを組んだりして気分を紛らわしております。

画像はSTEFFEN のグラスを自分で組んだ物,とFE THOMAS SPECIALを再生した物です。ラッピングカラーがちょっと違いますし、飾り巻き等も有りませんが
7' 6inch 3ピース 3番が最も合うと思いますが,大変ゆったりとした好きなアクションでございます。これと同じようなアクションの竿を自分でプレーニングして(若干きつめに火を入れて)作ろうと思ってはおりますが,全く進んでおりません。人生半分を優にすぎているので、家族に迷惑をかけない程度に楽しんで死にたいと思うようになりましたが,先が見えてくるにつけ若干焦りのような物もございます。また,そうなるにつけ,そんな無駄な事をしても竿は数本、リールも数個も有れば良いと正直思っております。皆様もそうでございましょう。健康な方なら死を意識するのはおそらく50歳を過ぎた頃からでは無いかと思いますし、わたくしもそうでございました。これまではどんどん増えて来ましたが,今後はどんどん減らして行こうと思う今日この頃。。(今は少し増えているので来年からを予定)
しかし、国会答弁を見るにつけ、今の政治システムはちょっと限界があって機能しないので、システムそのものの変更と官僚機構(総飼い犬化したサラリーマン マスコミのシステムも)を一度完全に解体するためには、そろそろ革命でも起こさんとあかんのんとちゃう?と強く思うようになって来ました。少なくとも次の選挙では今の政権にいる政治家の多くは当選しませんから、その時にまともな新しい候補が出て来てばっさばっさとやってくれるなら協力はおしみません。どんな協力?とはいえ、日本人のマインド自体がそもそも持つ問題でもありそうなので、無理かなー。。。少なくとも空気を読むとか読まなければならないというような慣習が無くならない限り。。。。。言論の自由や自由な発言,事実を伝える報道というのは不可能でございましょう。もともと、人の目は気にしないで生きて来ましたが、サラリーマンも全て個人事業主化して、日本全国総契約社員という形態で確定申告にすればかなり良い方向に変わるんじゃあないでしょうかね?これは官僚が阻止しようとするでしょうが,そんなもんほっといたらええんです。ようするに飼い犬生活を脱却する事が日本人には必要なのではないかとずーっと思っている次第です。まあ,みんなで同じ向きに一緒にいれば楽ですけどね。。。その反面面白さは全然ない。今の会社組織で働いてみたいという会社はないですもんね,ありかすか?みんなつまらなくてねえ。。もっとも仕事は 収入を得る手段なので,好きか嫌いかは関係なく、もらっている給与分のアウトプットは出す事が 民間なら社員、官庁なら職員の義務ですが,官庁はアウトプットを出さなくても給料をもらえる仕組になっているのが問題視されている訳でございます。そういうのを忘れて権利だけ主張する皆様がいかに多い事か。。。
訳が分からなくなりましたが。かなりたまっているもんで。。。。。ご容赦のほど。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2014年6月 »