« 解禁も近いですが | トップページ

久々にクロマダラ行きましたが

Photo 土曜 朝4時頃から30分程度ライズあり、富士急前でフライに出る事は出るもののなんか渋いんですな。

一投目に出た後は全然かすらんということでどうなっとるんですかね?昔からやっとりますが今年はなんか違う感じが。。ヘタクソか?はたまたフライがなにか見当違いなのか?クロマダラはクロマダラなんでフライは別におかしいところもない気がするがということクロマダラハッチでは一匹釣れただけ、ライズはあるのにね。。今思い出したら昔はもっと頻繁にフリップしたりメンディングしたりして相当調整していたので ドリフトが雑だったら釣れなかったという心当たりが。。

その後も

Photo_2 何度か出た物の吐き出すのが速いというより疑いながら食っている感じ?魚もまず偽物という 前提で口に入れ、違和感があったらすぐ吐き出すというような食い方に見えるのは勘違い?という事でハッチでは大して釣れず、スピナー狙いで5時AM過ぎに金田一上に移動。クロマダラスピナーばんばん飛んでいて釣れるには釣れたがこれも渋い。しかしなんかコオノマダラっぽいダンが飛んでるけど、 (これは朝5時から6時頃だったような?)コオノってこの時間ハッチ? 昼前にも見たような記憶があるしイブニング前まだ明るいうち午後5時頃からもけっこう見るし、ただほとんどは岸辺の草当た りから飛び立って行くんでこれはナミフタオかもしれないけど目が悪いのでわからん)

11 ともかくクロマダラスピナーに魚は出てそれなりに釣れたけど、良い魚は3回出たが全部すっ ぽ抜けでこの場所の魚昔からこうだった思い出が。ばっさり食う時は食うけど、渋い時はこんな感じ。何かの拍子に下向きの流れに引っ張られたりしてフライが沈んだ時はわりにしっかりかかるけど、ドライでは頭を出 してゆっくり食ったと思ったらすっぽ抜けるというのが何度か。食うけどちゃんと食ってないんですなー。ゆっくりライズして何の 疑いも持ってないような感じで普通に食うように見える。。でもスッポぬけるという。これ合わせが速過ぎる訳じゃなくて魚が頭を使うとるようで。これ、合わせが速過ぎるかも?と思っ てもっとゆっくり合わせるとその前に吐き出しちゃうし。まあ尺くらいのひれピンが釣れたからOK.

その後 旧金田一橋の上あたりで釣っているとクロマダラの第2波がきたと思ったらこれはイマニシマダラらしい。飛んでいるダンはクロマダラのように見えるんで。。これもクロマダラのダンパターンでぽつぽつ釣れる。

その後昼頃に日差しが強い富士急前に。。昔の言い方で富士急前4番あたりちょうど藻があっ てよさげなところで観察して見ると 魚は出てきて水中の何かを食っているもののライズなし。ドライには反応すらなし、見にも来ん。でドライフライに粘土式 ショットを付けて沈めてサイトをやり40くらいのを2匹釣り、眠くなったので車へ。。。近くの森まで行き、車を止めて仮眠し、午後4時頃起きたら、車の窓越しに何か動く物が視界に、鹿が歩いとりました。しっぽ振りながら。。。野鳥のさえずりがうるさ過ぎる位でああ、森の中にいるーという感じで気持ちよし。熟睡したんで 元気も出て来て、コンビにに寄って甘いもんと飲み物を買い富士急前に。。。一杯で入る所なし。。下流の旧9番でコオノマダラスピナーがけっこう飛んでいた が クシゲのスピナーも。。ここの魚は飛んでいるスピナーをジャンプして食うか、落ちた瞬間に飛びついて食う、水面下の物を食うという感じでドライで頑 張っても見に来る程度で全然ダメなんで、スローウォーターでじっくり見られたら辛い。で、もの凄いゆっくりフォルスキャストを2−3回して最後はもの凄くゆっくり着水するようにしたら着水前にジャンプして食ったので。 まあ、良いかなー、釣れたのは一尾のみ(多分純な魚)でその後は何やっても無反応。上流の場所が空かないかなと思っていたら6番あたりが空いたので移動してイブニングを迎える事に。。。(昔でいうところの4番あたり)移動 のために歩いていると既に2番あたりでヒットしている模様。

クシゲのスピナーかな? そうこうしているうちにまだ明るいもののライズあり、ゆっくりしたライズなんでスピナーかな。大きい魚がうわずるほどではないので大量ではなさそう。フライなんにしようかなーと思いながら水面を見てるとアル物(忍野フリークの方はわかるのであえて伏せ)が食われとるじゃあありませんか?目の前の水面で2回食われるところを見たし、時を同じくしてライズフォームがちょっと派手になってきたんでこりゃハッチじゃね?余計な事は考えずにそれに近いフライを探してライズのちょっと上流に落とすとひったくるようにレインボーが出た。

横っ腹を出して本気の突進ライズ。尺くらいの砲弾型ヒレピンレインボー。久々の釣りでちょっとうれしい。フライ当たっとるだろうと確信し、2等目で40オーバー(引くには引くが放流物のいまいち魚体でちょっと落胆)を追加、取り込みに時間がかって、暗くなってきて、フライも壊れたので交換していたらすっかり暗くなってまいりました。ストマックは取らないんのでこれが当たりかどうかは知らんけど、魚の出方からしたら当たっとるんでしょうなーと無理矢理納得する。同じフライを投げるもどこを 流れとるかわからんなーと思っていたらいきなり向こう合わせでひったくるようにして走られこれも追加。放流物ではあるもののひれが回復した綺麗な魚で、今 日はもう満足。その後反応が極端に悪くなって来たんで、多分このアル物のハッチは終わったと判断。しかしライズフォームは相変わらずなんで、クシゲのハッチに気切り替わったか、元々クシゲとこれの両方ハッチしていてあるいはクシゲスピナーの後もしくはスピナー流下の後半にアル物がハッチを始め魚は捕食対象をこっちに変更し好んで食っていた。その後クシゲもハッチを始めるが魚は興味なしでこのハッチ終了後まだハッチしているクシゲを食うようになったか。ライズフォームは同じように見えるのでクシゲのダンパターンに替えようかなーと思ったらヒゲナガも出ているんで、ヒゲナガも出ているなら魚は概ねヒゲナガを好むだろうと、、先にクシゲをちょっとやってヒゲナガに替える時間はないと判断し、ヒゲナガで2尾追加しましたが食いは浅め。違うんかなー??ヒゲナガは当たり前すぎてちょっと面白くない感じ。。。

その後地味なライズになり下火に。ライズはある物の反応悪し。ヒゲナガシャックかなにかのスピナーかもと思うものの、そこそこ釣ったしもうフライ交換もする気も起きず惰性でキャストしつつ終了。ヒゲナガを付けたまま惰性キャスト中はまったく反応なし。ただし時々キラッと魚がフライに向かって来て引き返す感じあり。。最後にもう一匹気まぐれで出たので取り込もうと下におりたらバレ。

そのときアル物が水面に生えた草の根元にいたのでクシゲとこれの複合ハッチだったのだろうという結論で終了。久々に 来て楽しめて満足。しかし、つかれた。若い頃のように朝4時から釣り始めてイブニングまでぶっ通しというのはもう出来ん。午前中遅い時間に来てもまずまず釣りになるし今年はクロマダラは遠慮しよう。、そういえば午後早い時間まではイマニシも出たりするし。イブニングはクシゲ、ヒゲナガ、その他も出るし、コオノマダラのスピナーフォールもまだ期待出来るしでそれなりに楽しめそう。。コオノマダラのスーパーなスピナーフォールは2000年ころ平日の午後5時過ぎ スゴいのに当たったのと2001年ころにもこれもスゴいのに一度当たった以来一度も当たっとりません。この時はコーノマダラというメイフライは知らんかったけど大きいのが出とるなーと思い、フライを巻いて行ったもんでした。普通のスピナーフォールには何度かあたっとりますが、明るいうちから50オー バーが腹を出しながらというのはこの2回のみです。この時は50くらいのブラウンが空中のスピナーをジャンプして食うのも見ましたが、10番くらいまでライズリングだらけという感じでスゴかったなーと。この時期から夏の終わりまでイブニング楽しいし来週も遅めに行きとうなってまいりました。しかし、忍野の川の状況はあきませんねー。30年前は既に幻想、20年前は覚えているパラダイス。(それでも荒れて来ておりましたが)10年前もはっきり劣化はしとりましたがまだパラダイスの雰囲気は残っとりました。。数年前にS字 上流の沢に水路を造ってから、また温泉裏に魚水族館が出来た後は土砂が大量に入り一気に劣化したのですけれども。。いまは歩いてわたれそうな砂底の浅い川 と化し、いっぺんバキュームで砂を大量にさらって自然岩なんかで護岸すれば本当にええ川になるんですけどねー。世界文化遺産の膝元ですし、遊歩道も造って いることですし地元で予算を取って川もやったらどうですかねー。。

Watanabe氏 もあきらめムードで、地元の人がゴミを捨てまくる川ですからダメですよーとおっしゃっとりました。以前の情熱は感じられずあきらめと惰性がにじみ出る雰囲 気をかもしだしつつ、たまに虫取り網を水中にしかけたりしていると、釣り人の血が騒ぐのか何が流れてました?とその時だけはちょっと生き生きしたりし て。。虫取りは私も楽しい。

柿田川で釣りが出来ればヘンリーズフォークみたいですばらしいと思うが。。まあ、あ あいう希で特殊な恵まれた自然環境は人間が入らん方がええね。。。忍野もああいう雰囲気があったけど、今は全くないねー。温泉裏から下流の 堰堤までだけでも底をさらって水深が出るようにすればミニヘンリーズフォーク並みの環境にも出来るような気も。もっとも上流から土砂が流れてこん ようにせんとダメでしょうが。。もしくはわき水の荒れた川を再生するとか出来んかねー?。と、妄想だけはある今日この頃。。。

わき水のゆったりした川は山岳渓流にはない魅力があり、また豊富な種類の水生昆虫が織りなす複雑なマッチングザハッチの釣りはこの上ない楽しみをもたらしてくれる事だけは確かでございましょう。

|

« 解禁も近いですが | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108833/59822057

この記事へのトラックバック一覧です: 久々にクロマダラ行きましたが:

« 解禁も近いですが | トップページ